トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


茶殻の活用法 1 に引きつづきまして 
第2弾は、キッチン編です。

お茶の消臭効果は、キッチンで大活躍してくれます。
まずは、冷蔵庫のにおい消し。

茶殻をザルなどにあげて、よーく乾燥させたら 
ふたをはずした容器や、通気性のよい布袋などに入れて 
冷蔵庫のかたすみに置いておきます。

効果を期待するなら、充分に乾かすのがポイント。
カラカラにすることで、吸湿効果もアップします。
乾かしが中途半端だと、茶殻にカビがはえちゃうことに。
お気をつけくださいね。

さて、茶殻の消臭効果、料理にも使えます。
魚の下処理をする際、茶殻からとった茶汁で洗えば 
魚がもつヌメリやくさみが、けっこうさっぱりとします。

また、青魚なんかを煮るときには 
茶殻を清潔なガーゼでくるみ、いっしょに煮てしまいます。
すると、多少は生ぐさみが気にならなくなります。

魚料理といえば、ナマコやタコの“やわらか煮”。
同じように、茶殻をガーゼで包んでお鍋に入れておくと 
ほんわりと煮あがるそうです。
理由は、わかりませんが。

なお、調理後のまな板や包丁にしみついた、魚のにおい。
これも、茶殻をこすりつけるようにして、ふき取ってから 
いつもどおり洗ってみてください。

緑茶成分入りの洗剤や消臭剤、たくさんありますが 
ためしに、お茶そのものも活用してみてくださいね。
台所仕事が、ちょっと楽しくなりますよ。


※ 参考文献:『緑茶の事典』(柴田書店)
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 10:05

  • - | -