トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


蓋置(ふたおき)という茶道具があります。

お茶席で、釜の、まさに蓋を載せるためのものなのですが
私はこれを、自宅のキッチンでも気軽に活用しています。

201008311017000.jpg

私物なんですが。
古道具店で、たしか100円か200円くらい …
とにかくびっくりするほど安価でした。

古道具店や骨董市などで探してみると
たまに、茶道具店にはないような面白い感じのものを
安く買えることがありますよ。

キッチン用にするのでしたら、磁器製がおすすめ。
頑丈なうえ、油やソースで汚れてもじゃぶじゃぶ洗えます。
シンプルな筒状のものは安定感がありますから
重量感のある鋳物の鍋蓋なども
直径30センチくらいまでなら平気で載せてしまいます。

昨日の イタヤ狐 は、蓋置として用いるならば
どちらかというと小さめ、軽めのもの専用でしょうか。
いろいろ載せてみましたら、急須やポット、鉄瓶の蓋のほか
ケメックスのコーヒーメーカーのガラス蓋がぴったりでした。

いずれの場合も、お茶室で用いるのと同じく
蓋の裏についた蒸気の露を、ポタリとやらないために …

蓋を上げる際、お鍋や急須などの上でいったん斜めに傾け
露をさっぱり落としてから
ふたたび水平にして、そのまま蓋置まで移動させましょう。
蓋置の上で水平を保っている蓋からは、水滴が落ちません。

茶の湯のお点前って、とても合理的。
生活に還元できるものごとが、意外と多かったりします。
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 11:29

  • - | -