トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


<とんぼの本>向田邦子 暮しの愉しみ
向田邦子 暮しの愉しみ
(とんぼの本)
向田 邦子,向田 和子

この本の、この文章に出会ってからというものの
新茶の季節がくるたび、きまって水羊羹が食べたくなります。

「水羊羹が一年中あればいいという人もいますが、
 私はそうは思いません。
 水羊羹は冷し中華やアイスクリームとは違います。
 新茶の出る頃から店にならび、
 うちわを仕舞う頃にはひっそりと姿を消す、
 その短い命がいいのです。」

一杯のお茶、一切れの水羊羹を
自ら見立てた、お気に入りの器とともに愉しんだ向田さん。
心を静めてていねいに淹れた、香りの高い新茶は
きまって、白磁のそば猪口で味わったといいます。

そう、こと新茶に関しては、口縁が厚手の陶器より白磁のほうが
新茶ならではの鮮烈な風味を、ダイレクトに感じとりやすいし
清らかな水色も愉しめますね。

また、妹さんと赤坂に小料理屋を開くほど
食いしん坊で、料理上手だったという彼女。
今晩の酒肴のヒントになりそうな、和食中心のレシピや 
行きつけの店、お取り寄せしていた味なども紹介されています。

決して時流におもねることなく
たしかな審美眼で選んだものたちとの、心地よい暮らしは
流行に飽きた大人たちが、自分らしく生きるための
いい道標になってくれることでしょう。
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 11:38

  • - | -