トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


日本茶の世界には、混同しやすいことばがいくつかあります。
茶業界で当たり前のように用いられる呼びかたでも 
消費者のかたがたにとっては、イマイチ判りにくいものも。

たとえば 「粉茶」 。
お寿司屋さんの “あがり” で、よく用いられますね。

弊社でいうと、「上粉茶 若緑」 と 「粉茶 息吹」 の2アイテムが
これにあたります。

煎茶 をミルや石臼で微粒子状に挽いたものではありません。
それは 「粉末茶」 といって、「粉茶」 とは別物なんです。

「粉茶」 のほうは、煎茶を製造する工程で生じるもの。
形状や大きさを美しく整えるべく、篩(ふるい)にかけたとき 
網目を通過してしまう粉状のものや、小さな芽の部分です。
くき茶 と同じく、いわゆる “出物” なのです。

もちろん、味はもともとの煎茶にひけをとりませんから 
茶葉の微粒子で水色が濁るくらい、濃いめがお好みのかたには 
煎茶よりも、この粉茶をおすすめします。

ただし、淹れる際には 急須 は不向きです。
竹製や、金属のネットがついた茶こしで、カップに直接注ぐと 
あまり粉っぽさが気にならず、濃厚な1杯になりますよ。
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 12:29

  • - | -