トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


マルタのやさしい刺繍 [DVD] 
マルタのやさしい刺繍
監督:ベティナ・オベルリ (2006 / スイス)

テーブルを囲む 「遅咲きの乙女たち」 が
ティータイムににぎやかにほおばるのは
さっくりと焼かれた、スイス風、ときにはアメリカ風のアップルパイ。
そのおいしそうなこと!

スイス・エメンタール地方の保守的な小村を舞台にした
80歳のマルタおばあちゃんが主役の物語です。

スイスなのに、アップルパイがアメリカ風?
その理由は作品をみれば明らかになります。

最愛の夫が先立って数ヵ月。
いまだ外出もおっくうで、意気消沈の生活を過ごしていたマルタの
最初の台詞(せりふ)はたしか、独りの部屋での独り言。

「もう、たくさん」

だったでしょうか。

将来どころか現在を考える余裕すらなかった彼女が
友人たちの後押しもあって、なんと一念発起。
若きころの夢だったランジェリーショップを開くことに。

保守的な村で、しかも息子は牧師です。
完全なアウエー状態です。
それでも、クローゼットの中にしまいこんでいた夢を叶えるべく
まさに孤軍奮闘する彼女たちの姿が
軽やかなユーモアを交えつつ描かれます。

ランジェリーが、スクリーンを通しても素敵なのです。
いかにも質のよさそうなレースを上品にあしらい
さらに、伝統の花柄を自らで刺繍した、ハンドメイド。
手ざわりのなめらかさが伝わってくるかのようでした。

小物やセットのディテールもまた、乙女心をくすぐります。
そして、「遅い」 とあきらめないたくましさに、心が軽くなります。
女性なら年齢を問わずに楽しめる作品ではないでしょうか。
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 12:33

  • - | -