トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


“サラサラ”って、そんな軽い音じゃないよなあ。
東海林さだお 『鯛ヤキの丸かじり』(文春文庫)所収の
「お茶漬けのため息」より。

「… 熱いお茶といっしょに、その下に沈んでいる
 ゴハン粒も吸いこまなければならない。
 かつ、唇のヤケドを防ぐために、
 たくさんの空気を吸いこまなければならない。
 “ズブロロロ”が発生するゆえんである。」

そう、かきこむとき、ちょっと勢いをつけたほうが 
おいしいんですよね、お茶漬け。
お茶の汁気とともに、味が口中にぱぁっと広がって。
蕎麦を、音をたてて啜るほうがおいしいのと、似た感覚です。

皆さまも、小川のせせらぎのように“サラサラ”させずに 
ぜひ豪快に、“ズブロロロ〜”と食べてみてください。

私は、玄米茶 をかけるのが好きです。
ちょっと、香ばしさが加わって。
きゃらぶきや塩昆布、葉唐辛子の佃煮が合いますよ。

お茶漬けの起源は、『緑茶の事典』(柴田書店)によれば 
「奈良時代にまでさかのぼる湯漬けがルーツ。
 米を少なく湯を多くした粥が食された」
とあります。
奈良名物の茶粥も、この流れのものなのでしょうか。
  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 09:02

  • - | -