トップページ > ブログ「お茶まわり」

 
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -


近ごろは、濃くてコクのあるお茶を好むかたが増え
粉茶 をお求めになる個人のお客さまも多くなりました。

もともと、粉茶が好んで用いられてきたのは
寿司屋の “あがり” ですね。

満腹で飲む、あつあつの濃厚な一杯は格別です。
生魚を食べたあとの緑茶には
口臭予防 や 抗菌効果 も期待できるかもしれません。

さて、この “あがり” ということば。

寿司屋独特の符牒(ふちょう)ですね。
つまり、隠語といいますか、業界内のあいことばです。
有名なことばなので、「あがりをください」 とか言いがちですが
客の側がこのように使うのは、本来はおかしいわけですね。

“あがり” とは、淹れたて、注ぎたてのお茶をあらわす
「上がり花(あがりばな)」 の略語です。

小学館の 『美しい日本語の辞典』 に
「上がり花」 のくわしい語義がありましたので引用します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  
  遊里、料理屋などの用語で、入れたての煎茶のこと。
  また、一般に、茶をいう。
  でばな。あがり。
  芸者・遊女などが客がなくて暇であることをいう
  「茶を引く」 の茶を忌み、
  客が 「あがる」 (登楼する) ようにと
  縁起を祝って言いはじめた語。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  

「茶を引く」 は 「茶を挽く」 。

そんな不景気なことばに含まれる 「茶」 という単語をも
遊里では縁起をかついで忌んだとは、面白いものです。

符牒の世界って、なんとも洒落ていますね。

  • - | -

  • スポンサーサイト
  • 2016.03.31 Thursday 16:04

  • - | -